お菓子で作るノベルティ

会社や学校などのパーティーで、ノベルティとしてお菓子を配ることがあります。

ノベルティーというとボールペンやメモ帳が手頃な価格で用意できて人気ですが、お菓子も意外と喜ばれるのでオススメです。食べてしまうと手元には残らないものの、記憶にしっかりと残してもらうことができるでしょう。お菓子をノベルティとして使う際は、市販のものをそのまま配ってしまうのでは意味がありません。例えば、会社のマークや社名をプリントしたり焼印しておくことがポイントです。

小包装になっている袋に綺麗なイラストや文字が印刷されているだけでも、印象はだいぶ変わってきます。ただ、より目立たせたいと思うのなら袋ではなく食べ物に直接マーク等を入れてしまうことをオススメします。食べ物にマークを入れる方法として比較的簡単なのは、表面にプリントアウトしてもらう方法です。専用のインクでプリントアウトするので、そのまま食べることができます。

クッキーやチョコデートなどに使われる手法で、写真のような細かいイラストでも簡単にプリントすることが可能です。この方法に比べると少々費用が必要になってきますが、表面に焼印をしてもらうという方法もあります。饅頭などの和菓子によく使われる手法ですが、最初に焼印をするための型を作ってもらう必要があります。製作する個数が少ないと、単価が高くなってしまうので注意してください。他にも飴の断面にイラストとして入れてみる方法など、様々な方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *