ノベルティで注意すること

企業やブランドの知名度を上げたり重点商品の拡販をする目的で、展示会に出展したりイベントやセミナーを開催したりすることがあるかと思います。

そういった機会にノベルティを配布するのは、集客率を高めたりその後の購買活動に向けて効果的な手法になります。しかしノベルティを無料配布するにあたっては、配布物の制作や準備にコストがかかるため費用対効果を高める方法を考えて行わないと、費用だけかかって期待する効果が得られないということになる可能性もあります。そこで、どのようなことに注意が必要なのか例を挙げてお伝えします。

まずは配布物を何にするかという判断が、非常に重要です。最も一般的なものはロゴ入りのボールペンやメモパッドやクリアファイルなどのちょっとした文房具であったり、タオルやカレンダーといった日用雑貨です。これらは人を選ばず誰もが使いやすいアイテムなので、受け取った人が手元で使いやすくそこに書かれたロゴが頻繁に目に入ることで、親近感を覚える効果を狙っています。

もし単独でのイベントや展示会であれば、こういったノベルティも候補として良いでしょう。一方で多くの企業が一同に集結して出展するような展示会などでは、他社との差別化を考える必要性があります。他社で配布しているものと似たようなアイテムを配布しても、捨てられてしまったり使われなかったりするため重複しないノベルティで使われやすい物をよく練り、自社のインパクトを残す工夫が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *