ノベルティは実用品を選んで長く使ってもらう

ノベルティを作る目的は、企業や製品を世間に広くアピールするためです。

ノベルティを販促活動の軸にしている企業はとても多いです。導入することで、企業や製品をより身近に感じてもらうことができるため、その宣伝効果は予想以上に大きいこともあります。競合他社や他の似たような商品との差をつけるために必要なものだといえます。ノベルティといえば、街頭で配布されているポケットティッシュや、アンケートに答えたお礼にもらえるボールペンなどがあります。このタイプは、数をできるだけ配布することで販促効果を高めることができます。

それ以外にも、イベントや展示会で配られるグッズもありますが、このタイプはグッズそのものに価値を付けることで販促効果を高められます。無料配布するものだからと安価なものを選ぶのではなく、ほとんどの企業が有名メーカーの品質の良いもので製作しています。ノベルティでは、置き物や飾り物を選ぶことはあまりありません。趣味の合わないものはゴミと同じ扱いになってしまうからです。

定番品を思い出してみるとよくわかりますが、日用品が多くなっています。ポケットティッシュやボールペンはもちろんのこと、ミニハンドタオルやスマートフォン用防水ケース、クリアマイボトル、エコカイロなど使えるものばかりです。ただし、置き物であってもデジタルクロックや写真立ては実用品に入ります。あえて購入しないけれどもらうと使うものを選ぶと、一日に何度も企業名や製品名を目にすることになるため、長い宣伝効果を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *