ノベルティとして選ばれる物の傾向

企業の考え方によって実に様々な幅があるノベルティは、定番と呼ばれる商品は存在するものの、必ずこれらの中から選ばれると言う枠組みに囚われるものではありません。

比較的大きなものにはカレンダーなどが利用されることもありますし、普段から活用できる作家としてボールペンなどが用いられることも多いです。あるいは広く配布してしまうものとしてポケットティッシュ等を検討することもあるでしょう。比較的お金をかけるものには長く使ってもらえるものを採用するのが一般的です。例えばハンドタオルに名入れ加工を行いノベルティとするのは有効な手段として昔から人気があります。

もらって困るものではありませんし、使っている間は長期間にわたって広告宣伝効果を期待することができます。カレンダーは競争率が高いと言う問題はあるものの、いちど採用してもらえれば1年間にわたって広告宣伝機能を持つと言う意味で有効な媒体です。どのようなノベルティが効果的であるのかという点について日々検討が進められており、それぞれの業界にとって有効性があると感じられるものが次々と採用されています。

定番と呼ばれるような効果的なグッズが活用されることもあれば、意外性に富んだ商品が選択されることもあります。いずれの場合もこれであれば確実であると言うものがあるわけではなく、チャレンジすることができる幅が広いのも魅力の1つとして考えられます。珍しいものをノベルティーで配布することにより、インパクトを高めることももちろんできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *