美味しい飴はノベルティでも活躍

いろんなアイテムが作れるノベルティは頭を悩ませますが、配布しやすく工夫もできる飴も作り甲斐があります。

手軽なものだと個包装の飴のパッケージに印刷をするぐらいのシンプルなものですが、ちょっとこだわりたいなら飴そのものにデザインをするということも検討してみましょう。

分かりやすいイメージだと、金太郎飴のように同じ絵がたくさん並べられるような感じで作るタイプもあれば、大きめの棒付きキャンディのようなサイズで飴にプリントをしてアピールするなど、作る手段も豊富にあるのが面白いところです。どちらもカラフルに製作をすることができるので、社名やロゴを入れたりするだけのノベルティとは一線を画しているところも人気の一つと言ってもいいかもしれません。

形にもパッケージにもこだわれば、市販とは全く違う雰囲気の飴に仕上げることができます。予算や目的に合わせて飴を作り分けたりすることもできるので、活用度も幅広くちょっとした配布用でたくさん作るときにも活躍しますし、特別なイベントなどでこだわりのデザインの飴をお渡しするというような使い方もできます。パッケージに印刷するタイプの飴だとノベルティとしても比較的安いですが、デザインにこだわり始めるとやや料金も高くなります。何を作るか迷ったときにも登場させられる器用さもあります。最初に見積もりを出してもらうこともできますので、大勢の方々に渡しやすい喜ばれるアイテムとして活用してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *