ノベルティのパッケージは重要

いろんなノベルティが製作できますが、形やデザインがそもそも個性的で手を入れるようなことがないようなアイテムの場合、包み込み包装紙などのパッケージに印刷をします。

パッケージの方が印刷面としては広いので表現する内容は吟味して盛り込むことができるのですが、あまりあれこれ入れすぎると口説くなってすぐに開封して終わりとなってしまうこともあります。お菓子も個包装したときのパッケージに印刷ができるノベルティもありますので、見る機会があると言う点ではパッケージも印刷できるならしっかりとこだわっておきたい部分になります。社名やロゴなどを入れるのはもちろんですが、マークやイラストなどを入れることで、よりどんな商品なのか興味を持ってもらい、知る機会へと導きます。

パッケージを変えることで上手く宣伝にも使うことができるので、商品そのものは市販でよく見かけるのものでも、内容を分かりやすくデザインしてみると印象も変わっていくのです。決まらないときは雛形を使ったり、業者側に依頼して作ってもらうことで綺麗に仕上げてくれるので、不安にならずにノベルティを作りましょう。

これまでの作業実績なども良い参考になるのでおすすめです。たかがパッケージではありますが、印象が良くなる様にしておけば手に取ってもらう機会を生みますし、眺めていようという気持ちにさせてくれます。適度に肩の力も抜きながら、楽しんでパッケージ作りもしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *