効果のあるノベルティ

ノベルティを制作する時は、使う人がどのような場面でどのような時に使うかを考えることで、より高い効果を期待することができます。

主婦層にアピールしたい時は、基本的に実用性があるものは喜んで受け取ってくれ、さらに使ってくれるものを選択します。ここで考えられることは、台所で使うものやエコバッグなどすぐに使えるもので、かさばらない役に立つものです。買い物に行けば荷物が多くなる主婦層なので、かさばるものや大きいもの・重いものは受け取りにくくなっています。

うちわもノベルティとして人気が高いですが、多くの人がうちわを使う時には暑い時期の夏が多いです。うちわは暑い時期に配布するべきであり、それを逃してしまうと使ってもらうことがありません。使われないものは全く意味がなく、一番大切な目的を期待することができなくなります。ノベルティグッズがどのような状況で使用されるのか、使用して欲しいのかを想像しながら商品を選んだりデザインすることは大きな結果の違いを生み出します。

多くのケースではトートバッグ・モバイルバッテリーなど、外出先で使用することが想定される商品もあります。この場合は会社や商品名を重視しロゴの大きさは控えめにした方が、使用者が増える傾向が知られています。有名なブランドでのアイテムはノベルティを持っていること自体をアピールしたいことがあり、その場合は例外で大きくロゴを印刷しても問題ないとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *