時代のニーズに合ったノベルティとは

昔はチラシやパンフレットでPRを行っていた企業も、最近ではウェブサイトを積極的に活用しています。

一方で企業のイベントではシャープペンシルやメモ帳を配るケースも多く、依然としてノベルティへのニーズは根強いです。またノベルティを店舗やイベント会場などで配るときには、会社名やロゴを入れてPR効果を高めるのが一般的です。しかしノベルティを配布するときに、企業について更に知ってもらうための創意工夫も求められています。QRコードを入れることが可能なノベルティを活用するのが、商品やサービスを効率的に紹介する最も良い方法です。

化粧箱にQRコードを印刷すると、ボールペンや万年筆を配ったときの宣伝効果も大幅にアップします。実用性を重視して商品を選ぶのが、ノベルティを配布する場合の一番の基本です。特にスーパーでレジ袋が有料化される流れも進んでおり、企業のロゴ入りのエコバッグの注目度も高まっています。

最安値のエコバッグを大量発注すると1枚当たりの単価は100円程度の抑えられるので、幅広く宣伝活動を行いたいときにも手ごろです。また安全へのこだわりが強まる中で、販促用に防犯グッズを配る企業も多くなっています。とりわけ人気が高まっているのは、ランドセルにもつけることが可能な防犯ブザーです。そして大地震への備えにもなる防災用品も販促グッズの定番であり、とりわけ企業名などのロゴが入れやすい懐中電灯への需要が大きいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *